敏感肌でもできる、アイメイクの商品の選び方

敏感肌の人にとってはアイメイク用の化粧品の成分が合わずに、目の周辺が腫れたり、かぶれたりして悩んでいる方が多いようです。
メイク全般に言えることですが、選び方が重要で、化粧品メーカーによっては敏感肌向けのラインを揃えているものがあります。
可能であれば実際にテスターで試用してみて、異常が起きないことを確認するのが望ましいです。

アイシャドウの選び方については、成分をよく確認し、無香料で指定成分や刺激になりやすい成分が入っていないものが入っていないかどうかを確認します。
中には、肌荒れを防止したり、保湿成分が含まれていたりする商品があり、植物由来の美容液を含んだり、敏感肌を保護する成分が入っているものもあります。
天然色素を使用することで発色も良く、アイメイクを楽しむことができます。

アイラインやマスカラについては、専用のリムーバーでメイク落としをしなくてはいけないものですと、敏感肌にとっては刺激が強く、肌に負担がかかるもとになります。
お湯で落とせるウォータープルーフタイプの商品を選ぶのが望ましいです。
なるべく天然色素や保護成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

アイメイク全般に言えることですが、顔の皮膚の中で目の周辺が、一番敏感になりやすいところです。
必要以上に目のきわにまで、使うのは止めましょう。
特に粘膜の内側にアイラインを入れるのは、注意が必要です。